スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイル漏れ修理

今日はオイル漏れを修理しました。
購入当初から気にはなっていたのですが、暇が無くなかなか手がつかずにいたのですが、
重い腰を上げて作業開始しました。

漏れの個所はココ。
rod

ロッカーカバーへのオイルラインの根元から、長時間走行すると漏れてきます。
マグが邪魔、マグを外すにはキャブを外さないとならないので、最初はこの狭い部分に入る
特殊工具を製作して、キャブ・マグを外さず楽して交換しようなんてことも考えましたが…

キャブ・マグ外し

工具の製作の方が面倒な事に気付き、結局取り外しました。
やはり修理は手を抜いてはいけませんしね、確実な作業をする為にも。


キャブ・マグ外し2

ここまで外せば作業もしやすいです。

して、オイルラインを取り外し、ラバースリーブを外してみると
見事に段付き・硬化・ブチ抜け…。

スリーブ

完全Outです。

新品と比べても、すでに原型は留めていません。
スリーブの状態や、オイルラインの取り付けのそもそもの造りを見る限り
漏れていなくても定期的な交換が必要な気がします。

走行中にこんなのがブチ抜けたら、とてもじゃないですが走れないでしょうし…。


で…、あっという間に元通りですが、
夜も遅いのでエンジンの始動、漏れの確認は後日にします。

エンジン3

最近のこの暑さ、アイアンにはキツいです。
走行中、足元に熱を常に感じ、こんなに熱くなって大丈夫かと心配になります。
オイルクーラーも付けたいところですが、とりあえず漏れさえ無くなれば
機関部分で気になるところはなくなるので、次は現在計画している
リヤ回りのCustomに入ろうかと思ってます。

この部分にはワンオフ部品を予定してますので、また腰が重くなり
しばらくは上がらないままな気がします…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Four-C

Author:Four-C
69XLCH所有
FourCam 4ever

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ランキング
にほんブログ村
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。