スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

O/H・・・

何を隠そう、CHのスピードメーターは

henkouten0.jpg

動いていない。

てか変な動きをする…

作動確認済みで購入したものの、OLD Partsなどいざ付けてみればこんなモノ。

旧いモノに興味を持ち始めて以来、大概の事ではそれほど驚きゃしないが
売り手も売り手、″作動確認済み、回すと針はしっかり動きます″なんてコメントは
こんな数十年前のスピードメーターに使ってはいけない。

そして実は…

20140107_191058.jpg

交換前のこのメーター、実に面白い事に全く同じ動きをする…

車両側に問題が…?とも考えた。
しかしながら、社外のメーターを付けていた時はしっかり動いていたし
現状T/M側の問題も無し、ケーブルも純正対応の新品に交換済み。

そして思うのは「同年代の同商品、みんな同じように壊れるのではないだろうか?」

そう思い込み(?)、使う予定も無いので取り外したメーターをO/Hするつもりで…

20140107_192733.jpg

分解!!

メーターのO/Hなどした事も無いが、これは数十年前のスピードメーター。
それほど複雑な構造ではないだろうしマニュアルなど必要なく出来るのかと思いきや…

これがまたサッパリ?

とりあえずの構造としては

20140107 195106

この真ん中のローター(?)の様なものがケーブルに回されると

どういった仕組みでかはわからんが

20140107_193008.jpg

真ん中に生えた針が回り、その先の指針を動かす仕組みのようだ。

そして針の回りにあるグルグルと渦を巻いた針金のようなモノが
指針を0mphへと戻すリターンスプリングの役目をしているのだと思うんだが…

そもそも、このローターがどうやって指針が回しているのかがわからない

そしメーター指針の動きとは別に、前記のローターと共に

20140107_192916.jpg

1stギヤ(画像の横向きのヤツ)が回り、2ndギヤ(画像縦のヤツ)を回し
さらに3rdギヤを介してトリップメーターが動く仕組み。

こちらの構造はそれほど難しくなく、
1st→2ndギヤ間の摩耗かアライメントが原因で作動していないのがわかった。


しかしながらトリップメーターなどはむしろどうでもいい、
速度針が動かなけりゃ何の意味も無い。

あのローターが回ることでいったい何がどうなるんだ?

結局解明ならず本日の作業は終了…

20140107 195032

原因究明は次回へと持ち越し。



まぁ…



そのうちやります…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Four-C

Author:Four-C
69XLCH所有
FourCam 4ever

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ランキング
にほんブログ村
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。