スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納車整備 其の2

まずは下回りから。

前オーナーがそこそこ手を加えてあったので

nouten12.jpg

ほとんどオイルの漏れは見当たらない。
外見ではバルブカバーのパッキンに多少滲みがあるくらい。
状況はそんなに悪くない。

コントロールアームとサポートも

noutwn11.jpg

良好。

ここは消耗品の中でも高額でやり始めればあれやこれやと高くつく。
今回は交換の必要が無くて一安心。

その他の足回りやステアリング関係のブッシュ・ブーツも問題なし。


下回りで痛かったのは

nouten2.jpg

リアマフラー。

穴こそ開いてはいないけど

nouten3.jpg

時間の問題…

乗らな過ぎてもこうなっちゃうんだよね~
今回は車検も近いので迷わず交換。


ここには純正ではなく

nouten10.jpg

社外品。

とは言っても基本は純正相当の品。
音量は変わらず車検にも問題ない。

ただ少々気になるのは

nouten5.jpg

このエンド部分。

あまり気にせず注文したら

nouten4.jpg

ハス切りになってる。


ダサい…


まぁでも仕方ない。
安モノだし、この部分にそこまで拘りもない。


自分はは整備していくうえで、自分なりに線引きをしていて
純正でなければダメな部分と社外でもOKな部分を分ける。

壊れては困る部分は当然純正。
そして内外装等、目につく部分は基本純正。
壊れそうにない部分や壊れても走れる部分、
そして消耗品に関しては社外品。


その昔、ディーラーで働いていた時は交換部品に関して
“絶対純正”じゃなければダメって思ってた。

でも今の職場で働きだしてからは“必ずしもそうでなければならない”
そう言い切れる理由がはっきりと見つからなかった。

社外でも壊れない物は壊れないし、純正でもすぐに壊れるものもある。

社外はフィッティングの悪さや仕上がりの良し悪しはあるけど
そこを気にすることなく使えるなら、なにより安くて済む。

こんな風に

nouten19.jpg

エンブレムが入ってるだけで高くなっちゃうんだもんなぁ…

そんな風に思った部品は即社外。
そうして無駄金を削っていけばより多くの所を直せるし。


でも

nouten20.jpg

純正のホースバンドは好き。

こんな風にホースバンド一つにしても純正の証がある。
そんなどうでもいい所に拘りを感じてカッコいいなんて思ってしまう…


ホースバンドは出来るだけ純正を使いましょう。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Four-C

Author:Four-C
69XLCH所有
FourCam 4ever

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ランキング
にほんブログ村
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。