スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

O/H・・・

何を隠そう、CHのスピードメーターは

henkouten0.jpg

動いていない。

てか変な動きをする…

作動確認済みで購入したものの、OLD Partsなどいざ付けてみればこんなモノ。

旧いモノに興味を持ち始めて以来、大概の事ではそれほど驚きゃしないが
売り手も売り手、″作動確認済み、回すと針はしっかり動きます″なんてコメントは
こんな数十年前のスピードメーターに使ってはいけない。

そして実は…

20140107_191058.jpg

交換前のこのメーター、実に面白い事に全く同じ動きをする…

車両側に問題が…?とも考えた。
しかしながら、社外のメーターを付けていた時はしっかり動いていたし
現状T/M側の問題も無し、ケーブルも純正対応の新品に交換済み。

そして思うのは「同年代の同商品、みんな同じように壊れるのではないだろうか?」

そう思い込み(?)、使う予定も無いので取り外したメーターをO/Hするつもりで…

20140107_192733.jpg

分解!!

メーターのO/Hなどした事も無いが、これは数十年前のスピードメーター。
それほど複雑な構造ではないだろうしマニュアルなど必要なく出来るのかと思いきや…

これがまたサッパリ?

とりあえずの構造としては

20140107 195106

この真ん中のローター(?)の様なものがケーブルに回されると

どういった仕組みでかはわからんが

20140107_193008.jpg

真ん中に生えた針が回り、その先の指針を動かす仕組みのようだ。

そして針の回りにあるグルグルと渦を巻いた針金のようなモノが
指針を0mphへと戻すリターンスプリングの役目をしているのだと思うんだが…

そもそも、このローターがどうやって指針が回しているのかがわからない

そしメーター指針の動きとは別に、前記のローターと共に

20140107_192916.jpg

1stギヤ(画像の横向きのヤツ)が回り、2ndギヤ(画像縦のヤツ)を回し
さらに3rdギヤを介してトリップメーターが動く仕組み。

こちらの構造はそれほど難しくなく、
1st→2ndギヤ間の摩耗かアライメントが原因で作動していないのがわかった。


しかしながらトリップメーターなどはむしろどうでもいい、
速度針が動かなけりゃ何の意味も無い。

あのローターが回ることでいったい何がどうなるんだ?

結局解明ならず本日の作業は終了…

20140107 195032

原因究明は次回へと持ち越し。



まぁ…



そのうちやります…
スポンサーサイト

サービスマニュアル

とある日、ふと思い立った。

2ストのオイルポンプってどんななってんだろう?って思い開けてみた。

oiruponpu.jpg
ふ~ん、こうなってんだ…

なんつって外観からじゃなんとな~くしかわかんない。

若干オイルが滲んでいる気もするが

oiruponpu1.jpg
バラして構造見るつもりもなかったし、G/K等の部品も無いし
今日の所は閉めましょうって思ったが…

ん?

oiruponpu2.jpg
なんか落ちてるね…

これは…?

oiruponpu3.jpg
なんだろう?

Parts Catalogを見る。

koreka1 (2)
13番。

13番は…

koreka1 (1)
カバー,アジャストプーリ…
ん~、どう見てもカバーじゃねぇな。
想定するに、これは何か留めるロックピン。

Catalogの掲載ミス?
そんなことはあり得ないか…

イラストを参考にして取付けるとすれば

oiruponpu4.jpg
こんな感じでしょうか?

やはり機能的にもおそらくロックピンだと思う…
ただし、おそらくとしか言いようが無い。

サービスマニュアルに載ってるかな?

持ってないけど…

結果…

エンジンのかからないCH。

syurikirai.jpg
ノンビリやりたいところだけどもスイッチ入れて頑張りましょう。


″燃料が出ない″

加速ポンプの噴射量が異様に少なかったことから…

syuurikirai1.jpg
キャブ内部の詰まりや内部の不具合を想定していた。

しかしながら、キャブを外そうと燃料ホースを外してみると…
燃料がチョロチョロとしか出ていない。


原因は…

syuurikirai2.jpg
単純に燃料コック。

実はコイツ、新品取り付け後に半年も経っていない。

詰まりでもなく、単純に中身の不具合の様子。
分解できないので中身を窺う事は出来ないんだけど
それほど複雑な構造ではないと想定できるが…何故出ない?

実はこのウィングタイプのコックは今回で壊れたのは2個目。
どちらも半年も使っていない状態で使用不可となった。
1個目は漏れ、2個目の今回は内部の不具合。

″分解出来ない=O/H出来ない″ので結果的には交換になる…


ウィングタイプがクソなのか、はたまたV-Owinがクソなのか?
どちらにしても二度と使わねぇ…


最終日…

GW最終日…GTの仕上げ。

フューエルコックO/H。

fyuerukokku.jpg
全てのG/Kがカッチカチ…
限界は遥か昔に突破していた模様。

fyu-erukokku1.jpg
O/H後、漏れはなし。


そして追加で修理が必要になった箇所。

クラッチプッシュロッドのオイルシール。
oirumorega.jpg

スプロケの漏れ修理完了後にオイル漏れが発覚。
減っていたオイルを補充したから?いや、シールが良ければ漏れないか…

kurattisi-ru (1)
んでシールを交換。

今回は合計4カ所を修理。

kurattisi-ru (3)
スプロケオイルシール、マフラーG/K、シューエルコックO/H、プッシュロッドシール。
全てが"漏れ"での修理でした。

とりあえず、ここまででは部品調達には困っていない。
なんだかんだで部品はまだまだ手に入る。

kanseisita.jpg
パーツカタログも手に入れたし、しばらくは問題なく乗れそうです。

予定変更…

今日はBMW。

リアから走行中に異音がするので、休日を使ってバブベアリングを交換。

tigausi.jpg
純正は使用せず、Made in Germanyの社外品、"MEYLE"を使用。
社外品とは言えGermany製は箱からして質が良い。

意気揚々とDシャフトまで外し、ハブを外しにかかったところで…


なんと!!


部品が違うのが判明…

ベアリングの内径違いで付きません。

同じ320iでもABS付き、ABS無しで違いがあって、
前期型の87年には、当然ながらABSなど付いていない。

という訳でABS無し購入したのだが、
実は日本仕様の320iはABS付きのベアリングと同内径の物を使用している様子。

tigausi2.jpg
仕方ない、組み直してタイヤをスタッドレス→ノーマルへ交換したのみで作業完了。
わかった事はスライディングハンマー(大)が無いと、交換が大変そうだという事…

欲しいけどこれだけの為に買うのは…

ヤル気満々で挑んだのが中途半端で挫かれ、意気消沈して帰宅。


それでもせっかくの休日、予定を変更してGTの届いている部品を交換。

moreteru0.jpg
部品はF/スプロケのオイルシール、マフラーG/K。

まずはオイルシールから。

moreteru.jpg
スプロケ外してみると、やっぱり漏れのメインはココっぽい。

隣のクラッチのプッシュロッドオイルシールも気になるが今回はここだけ。
チェンジペダルのシャフトの部分はオイルシールじゃなくてカラーなのかな?
オイル漏れしたら簡単に交換できるんだろうか?

やっぱりパーツリストとサービスマニュアルは欲しいな…

moreteru1.jpg
特筆する事も無く交換は完了。

カバー内はしっかり清掃して組み付け。

kireininatta.jpg
カバー自体はきれいになり過ぎない程度に清掃し、
オイルを少量補充して完了です。


続いてマフラーG/K。
バラバラ…

moreteru3.jpg
マフラーが緩んだのが先?G/Kが壊れたのが先か?

今となってはわからないけど、構造を見てみれば
定期的に増し締めした方がよさそうかな?
あんま締めすぎるとまたG/Kが壊れそうな気もするが…

moreteru4.jpg
天気が悪かったんでマフラーの焼き入れは後日、
バーベキューでもやりながら炭の中にブチ込んでやります。


後はフューエルコックのG/K待ち。
今日届くはずなんだけどな~
プロフィール

Four-C

Author:Four-C
69XLCH所有
FourCam 4ever

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ランキング
にほんブログ村
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。